部について

​■ご挨拶

 アスレティックトレーニング部では、スポーツ現場に実際にトレーナーとして帯同してもらう機会が多くあります。スポーツ現場は教科書どおりにはいきません。学生には、スポーツ現場での活動を通して、自らが考え、行動し、現場で力の発揮できる「現場力」を身につけてもらいたいと考えています。将来スポーツ現場に関わる学生も、そうでない学生もここでの活動は卒業して社会にでていくうえで、大変意味のある活動になってくると思います。顧問としては、学生がより良い活動ができるよう全力でサポートしていくつもりです。

 まだスタートしたばかりの新しい部になりますが、部員と共に精一杯頑張っていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

                                             2017年6月26日

                                     アスレティックトレーニング部

                                           顧問 神田 潤一

​■沿革

​ 2015年12月15日、当時の4年生5名と3年生8名の計13名で、部を設立しました。設立当初は、アスレティックトレーニングルームでテーピングやストレッチングの練習、勉強会が活動の中心でしたが、現在は学内の運動部を中心に、近隣高校の運動部での現場活動が中心となっております。

​設立時のメンバー

​初代主将による部設立書類の記入

​■アスレティックトレーニングルーム

​ テーピングやストレッチングの練習、勉強会など、普段アスレティックトレーニング部が活動を行っている部屋です。また、選手がきたときには、トレーニングやアスレティックリハビリテーションの指導、筋力測定、体組成測定など、各種測定を行うこともあります。

​Copyrights © 九州保健福祉大学アスレティックトレーニング部 All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now